アセッサージャーナル 第24号
アセッサージャーナル 第24号
本号は「激変の年を乗り切る大変革の企業群」と題し、経営品質活動の継続により、素晴らしい成果を上げているユニークな企業にご登場いただきました。また、MPC岡本先生の「緊急提言」、日本経営品質賞判定委員の小笠原先生による今後の日本企業のあり方、働き方」についての示唆に富む考察、第一生命保険と福井県済生会病院の受賞後の取り組みなど、読み応えのある記事が満載です。

商品コード
aj-24
税抜価格
¥926
販売価格
¥926(税別)
数量:
カートに入れる
●目次
■Front of View / 校條亮治 激変時の経営における価値観は普遍か
■緊急提言 / 岡本正耿 ストーリーでイノベーションに取り組む
■日本経営品質賞受賞企業の取り組み
 第一生命保険 「最大たるより最良たれ」/ 平本洋 〜経営品質に取り組み続けた20 年間とそこから得たもの〜
 福井県済生会病院 「顧客視点での新しい価値提供」/齋藤哲哉 〜経営品質受賞後の福井県済生会病院の取り組み〜 
■地域協議会便り
 総合結婚式場から記念事業体迎賓館へ 〜事業ドメインの転換による価値創造〜/ 齋藤伸雄
 人と建物を育む愛の環境サービス 〜経営品質向上活動の取り組み〜 / 関根一成
「革新の連続が伝統を築きあげる」 〜経営者が常に学ぶ姿勢を持つことが大事 〜 / 三宅邦之
■最前線レポート / 阿部忠 新興国で革新するマネジメント 〜言語・文化・宗教を乗り越え革新を積み上げる〜
■考論 「国際標準における新たなマネジメントシステムと人材育成」/ 高橋義郎
■JQAA2016年度講演会から / 小笠原泰 『グローバル化時代における経営革新とリーダーシップ』〜日本企業の今後と日本人の働き方〜
■JQAA部会活動紹介 ほか

メンテナンスのお知らせ
2018/07/22(日)09:00〜12:00にかけてメンテナンス作業を行ないます。
この間、サイトにアクセス出来なくなりますのでご注意ください。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000